京都 醍醐寺観光情報

醍醐寺

醍醐寺は874年に理源大師聖宝が上醍醐山上に准胝・如意輪の両観音像を安置したのが始まりです。見所は秀吉が設計したという庭園です。春には桜が有名な観光スポットです。

この記事では、醍醐寺の観光情報(アクセス・拝観料金・駐車場・周辺のランチのお店、観光スポットなど)を紹介しています。

スポンサーリンク

醍醐寺へのアクセス・最寄駅情報

醍醐寺の最寄駅は地下鉄東西線「醍醐駅」(徒歩10分)です。

京都駅から電車で醍醐寺へアクセスする場合

徒歩    バス    電車   


JR京都駅から東海道線で山科駅乗り換え、地下鉄東西線で醍醐駅で下車します。

アクセスの目安時間は電車5分+10分+徒歩10分で乗り換え含めて最短で合計約30分、料金は450円(190円+260円)です。

京都駅から醍醐寺へバスでアクセスする場合

徒歩    バス    電車   


京都駅から醍醐寺へは京阪バスを利用して行くことも可能です。所要時間は30分、料金は大人300円、小人150円です。

参照 山科急行線 路線の案内:路線バス:京阪バス株式会社

醍醐寺の拝観料金

三宝院・霊宝館・伽藍(金堂・五重塔)

三宝院・霊宝館・伽藍(金堂・五重塔)の拝観共通券の料金は以下のようになっています。

個人拝観料金
大人800円
高校生600円
中学生600円
小学生以下無料

上醍醐

上醍醐の入山料は以下のようになっています。

個人拝観料金
大人600円
拝観券(三宝院・霊宝館・伽藍)持参の場合、500円
中学生・高校生400円
拝観券(三宝院・霊宝館・伽藍)持参の場合、300円
小学生無料

醍醐寺の開門時間(拝観時間)

三宝院・霊宝館・伽藍(金堂・五重塔)の開門時間

三宝院・霊宝館・伽藍(金堂・五重塔)の開門時間は以下のようになっています。

時期開門時間
3月から12月第1日曜日まで9:00〜17:00
12月第1日曜日の次の日から2月末まで9:00〜16:30
閉門30分前で受付は終了します。

上醍醐の入山受付時間

上醍醐の入山受付時間は以下のようになっています。

時期開門時間
3月から12月第1日曜日まで9:00〜16:00
12月第1日曜日の次の日から2月末まで9:00〜15:00
必ず17:00までにふもとに戻る必要があります。

醍醐寺の基本情報

参照 世界遺産 京都 醍醐寺

醍醐寺の駐車場情報

醍醐寺には普通車が約100台駐車できる駐車場が用意されています。

料金は5時間まで1,000円で、以降30分ごとに100円です。

醍醐寺周辺の予約できる駐車場

その他には、駐車場を予め予約できるサービスを利用する方法もあります。

上記のサイトでは、事前に駐車場を予め予約することが出来ます。

こうしたサービスを利用すれば、当日に「駐車場が混雑していた・・・」という心配から開放され、駐車場をあちこち探す手間や時間も解消できるのでおすすめです。

醍醐寺周辺の観光スポットや見所

醍醐寺周辺の観光スポットや見所を紹介します。

観光スポット醍醐寺からの所要時間
随心院徒歩約16分
勧修寺徒歩約25分
京都観光スポット
スポンサーリンク
京都観光情報マッピング

コメント