>>京都駅発のおすすめ日帰り観光バスツアー<<

京都 東寺観光情報

記事内に広告が含まれています。

東寺

東寺(教王護国寺)は、平安遷都とともに創建された官寺です。見所としては、空海が密教の教えを立体的に表現しようとした立体曼荼羅がある「講堂」、京都のシンボルとなっている「五重塔」などがあります。

この記事では、京都 東寺の観光情報(アクセス・拝観料・駐車場・春の桜、秋の紅葉ライトアップ・周辺のランチのお店、観光スポット)をまとめました。

東寺へのアクセス・最寄駅の情報

東寺の最寄り駅は近鉄京都線「東寺駅」(徒歩10分)です。

 

東寺の拝観料

東寺の拝観料は以下の通りとなっています。

金堂・講堂観智院共通券
大人500円500円800円
高校生400円500円800円
中学生以下300円300円500円

特別拝観期間は拝観料金が異なります。

東寺の拝観時間

東寺の拝観時間は以下の通りとなっています。

場所拝観時間
金堂・講堂午前8時〜午後5時
(※午後4時30分 受付終了)
宝物館・観智院午前9時〜午後5時
(※午後4時30分 受付終了)

東寺の基本情報

公式ページ 東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

東寺周辺の駐車場

東寺には駐車場が用意されています。

料金は自家用車の場合、最初の2時間は600円、以降1時間毎に+300円です。

毎月21日は弘法市のため、東寺の駐車場は利用できません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント