京都 東寺観光情報

東寺

東寺(教王護国寺)は、平安遷都とともに創建された官寺です。見所としては、空海が密教の教えを立体的に表現しようとした立体曼荼羅がある「講堂」、京都のシンボルとなっている「五重塔」などがあります。

この記事では、京都 東寺の観光情報(アクセス・拝観料・駐車場・春の桜、秋の紅葉ライトアップ・周辺のランチのお店、観光スポット)をまとめました。

スポンサーリンク

東寺へのアクセス・最寄駅の情報

東寺の最寄り駅は近鉄京都線「東寺駅」(徒歩10分)です。

「京都駅」から東寺へ電車(近鉄)でアクセスする場合

徒歩    バス    電車   


JR京都駅から東寺駅は近鉄奈良線です。

アクセスの目安時間は電車1分+徒歩10分で合計約11分、料金は150円です。

JR京都駅から東寺へ徒歩でアクセスする場合

JR京都駅から東寺へは徒歩でもいける距離です。(徒歩15分)

JR京都駅から東寺へバスでアクセスする場合

東寺の最寄りバス停は「東寺東門前」「東寺南門前」「九条大宮」「東寺西門前」の4箇所です。それぞれのバス停から東寺まではすぐです。

東寺の拝観料

東寺の拝観料は以下の通りとなっています。

金堂・講堂観智院
大人500円500円
高校生400円500円
中学生300円300円
小学生300円300円

特別拝観期間は拝観料金が異なります。

参照 東寺 – 拝観のご案内 / Admission

東寺の拝観時間

2015年の東寺の拝観時間は以下の通りとなっています。

期間拝観時間
金堂・講堂08:00〜17:00(受付終了は16:30)
宝物館・観智院09:00〜17:00(受付終了は16:30)

東寺の基本情報

参照 東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

東寺周辺の駐車場

東寺には駐車場が用意されています。料金は自家用車の場合、最初の2時間は600円、以降1時間毎に+300円です。

毎月21日は弘法市のため、東寺の駐車場は利用できません。

参照 東寺 – 交通のご案内 / Access

東寺周辺で予約できる駐車場

その他には、駐車場を予め予約できるサービスを利用する方法もあります。

上記のサイトでは、事前に駐車場を予め予約することが出来ます。

こうしたサービスを利用すれば、当日に「駐車場が混雑していた・・・」という心配から開放され、駐車場をあちこち探す手間や時間も解消できるのでおすすめです。

東寺のライトアップ情報

東寺では、春(桜)と秋(紅葉)の2回、夜のライトアップ&特別拝観が行われています。

2018年春の東寺の夜桜ライトアップ情報

  • 期間は2018/03/17(土)〜2018/04/15(日)
  • 拝観時間は午後6時30分〜午後9時30分(受付終了は午後9時)
  • 拝観料は大人・高校生500円、中学生・小学生300円

参照 東寺 – 拝観のご案内 / Admission

2017年秋の東寺の紅葉ライトアップ情報

  • 期間は2017/10/28(土)〜2017/12/10(日)
  • 拝観時間は午後6時30分〜午後9時30分(受付終了は午後9時)
  • 拝観料は大人・高校生1,000円、中学生・小学生500円

参照 東寺 – 拝観のご案内 / Admission

東寺周辺の観光スポットや見所

東寺周辺の観光スポットや見所を紹介します。

観光スポット東寺からの所要時間
西本願寺バス+徒歩で約17分
東本願寺バス+徒歩で約25分
三十三間堂バス+徒歩で約25分
東福寺バス+徒歩で約28分

東寺を巡る京都観光バスツアーもあり

旅行プランを立てるのが面倒くさい!という方にはあらかじめ行程が組まれている観光バスツアーを選択するのもおすすめです。

バスツアーであれば、移動の際に確実に座ることが出来、観光だけに集中することが出来ます。

「京都定期観光バス」は毎日京都駅から運航されています。

東寺を含んだツアーには以下があります。

  • 嵐山・清水寺・金閣寺・東寺(1日コース)

詳しくはこちらの記事で紹介しています。
関連 京都駅発のおすすめ観光バスツアー

京都観光スポット
スポンサーリンク
京都観光情報マッピング

コメント